デジタルサイネージまとめ(前編)

ご覧頂きありがとうございます。
ディレクターの藤原です。

今日はデジタルサイネージの種類についてご紹介
いたします。

設置検討されてるお客様の参考になれば
幸いです。

■LEDサイネージ

【概要】
LEDとは「Light Emitting Diode(ライト・エミッティング・ダイオード)」の略。先に開発されていた赤色LED、緑色のLED に続いて、「青色LED」を開発し光の三原色(赤・緑・青)が揃い実用化したことで、LED(発光ダイオード)によるフルカラーディスプレイが誕生しました。一般的にLED を搭載した表示機のことを”LED ディスプレイ”と呼び、大型LED ディスプレイのデジタルサイネージを”LED ビジョン”と呼びます。電気を流すと発光する半導体の一種です。(電圧をかけた際に発光する半導体素子“電子部品”のこと。)
LED によるフルカラーディスプレイの実現は、デジタルサイネージ業界に大きな変化をもたらしました。
LEDディスプレイは、現在、大型ディスプレイの分野で幅広く採用されています。

【メリット】
色鮮やかで日中/夜間とわず、離れた距離からも視認性が高い。
設置場所によっては自社広告だけでなく、広告収入を得る事も可能です。

【デメリット】
コスト、設置工事が必要

【設置に向くところ】
ビル、大型量販店、コンサート/展示会

■液晶サイネージ

 【概要】
液晶モニターにSTBやミニPCを組み込んだ広告宣伝用の液晶モニターです。
既存のTVモニターにSTBやミニPCを接続してデジタルサイネージとして使用する事も可能です。
但し、既存のTVモニターは室内使用を目的として作られており、デジタルサイネージとして制作された
液晶モニターは太陽の光にも反射しない液晶パネルや輝度、防塵・防雨対策が施された機種がほとんどです。

 

 【メリット】
安価な値段から販売されており、工事を必要としないスタンドタイプ等、
用途によって様々なタイプが販売されている。

 

 【デメリット】
人が行き交う場所に設置する場合、液晶パネルを保護する対策等が必要。

 

 【設置に向くところ】
自営業の個人店、比較的小規模の施設など

筐体に関しては大きく分けてLEDか液晶の2種類となります。
次回後編ではデジタルサイネージのネットワークタイプについて
ご説明させて頂きます。

ご覧頂きありがとうございました。

担当 藤原 涼平

 

兵庫県でデジタルサイネージ設置するなら


兵庫県神戸市西区池上4丁目13-9
Tel:078-974-3136
Mail:r-mellow@tescomsound.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA