デジタルサイネージ活用方法

ディレクターのフジワラです。今日はデジタルサイネージの活用方法についてご案内したいと思います。

 

1.分割表示で情報量を増やす

私がコンテンツ制作担当させてもらう場合オススメしているのはこの方法です。

1Pの情報量を増やすのと同時に、常に”店名”電話番号”等の情報を入れておく事で、

ページ切り替わりを待つ事なく問い合わせしてもうのが目的です。

 

2.空間演出

小売り店様等の場合、料金説明や商品紹介のコンテンツ(映像)になりがちですが、

あえて料金や商品詳細等は省き、商品のイメージや雰囲気を環境音楽に合わせ

演出する事で設置店様の雰囲気を向上させる事が出来ます。

 

3.スタッフ募集求人

ネット求人が普及する現在ですが、昔は店前の張り紙を探して街に散策に出かけたものです。

※10代の頃の話しですが笑

店頭サイネージでも同様の効果が狙えます。店頭サイネージを見ての問い合わせだと、

住んでる地域が比較的近隣の方だったりするので安心感もあります。

求人が決まれば募集コンテンツ差し替えれば済むだけなのもサイネージの利点です。

 

4.店内/スタッフ紹介

初めて入るお店の雰囲気やスタッフの様子を外から知れるのは、

ウインドショッピングや一見客にとってはとても安心感につながります。

各種SNS等はされてる店舗様も多数いらっしゃいますが、その情報もサイネージで

発信してみませんか?無機質なサイネージから人情を感じる看板へ早変わりするはずです!

 

5.駐車場の案内

店前駐車場が無い店舗にとって、駐車場案内に人手を割くのは大変ですよね?

サイネージだと分かりやすい地図は勿論、動くイラストや現地写真等、思いのままに

案内地図制作する事が可能です。是非お気軽にご相談下さい。

 

6.広告収入

WEBショップや関連事業の案内は勿論、LEDビジョンサイズや

立地条件によっては弊社からスポンサー広告のご案内する事も可能です。

思わぬ副収入を得る事が出来るかも知れませんね。

 

以上ディレクターフジワラからサイネージ活用方法のご案内でした!

関西-全国対応!デジタルサイネージの事なら

テスコムサイネージにご用命ください!

 

テスコムサイネージお問合せ

http://signage.tescomsound.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA